熱帯半乾燥地の重粘土壌における一時的湛水が根系の発達に及ぼす影響(30)

熱帯半乾燥地の重粘土壌における一時的湛水が根系の発達に及ぼす影響(30)

課題番号1993003865
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関国際半乾燥熱帯作物研究所
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における畑作の改善
中課題熱帯・亜熱帯における畑作物の栽培技術の改善
小課題熱帯半乾燥地の重粘土壌における一時的湛水が根系の発達に及ぼす影響(30)
摘要モンスーン期間中に起こる圃場の一時的湛水による早生キマメの湿害、特に根系での生理、形態的な湿害を窒素追肥により軽減できることをこれまでに明らかにしてきたが、これには湛水処理直後、一時的に茎中に貯えられるデンプンが再転流されることによって成立していることがわかった。また、窒素追肥による根系機能のいち速い回復が、湿害により低下した地上部の光合成能の回復を著しく早めることを新たに明らかでき、さらに湿害による子実収量の低下をもかなり軽減させることを併せて実証した。以上、本研究により圃場の短期湛水による早生キマメの湿害軽減法として、適切な時期の窒素追肥が有望な栽培的対処法の一つであることを示すことができたので試験を完了とする。
研究分担研一(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036439
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat