熱帯・亜熱帯土壌の生成要因と肥沃度特性の解明(55)

熱帯・亜熱帯土壌の生成要因と肥沃度特性の解明(55)

課題番号1993003891
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間継H03〜H06
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における地力の維持向上
中課題熱帯・亜熱帯における地力構成要因の解析
小課題熱帯・亜熱帯土壌の生成要因と肥沃度特性の解明(55)
摘要ルソン島中央部、東南部、北部等の各水田地帯において、代表的低地土壌を対象にして、土壌調査を行い、層位別に分析用土壌試料を採取した。採取試料について、物理性及び化学性に関する分析を実施中であり、一部試料については結果を得た。断面形態から、供試土壌は地下水湿性型と潅漑水湿性型に大別できることを明らかにした。また、下層部にスリッケンサイドが発達し、バーティソルに分類できるものが1断面存在した。ルソン島中央部の6断面の試料については、水浸pH6〜8、N酢酸アンモニウム(pH7)浸出による塩基飽和度100%を示すものが多い等の特徴が見られた。
研究分担研一(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036465
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat