亜熱帯地域に発生するサツマイモウイルス病の発生生態の解明(67)

亜熱帯地域に発生するサツマイモウイルス病の発生生態の解明(67)

課題番号1993003901
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における作物保護
中課題熱帯・亜熱帯における病害の生態の解明と防除技術の確立
小課題亜熱帯地域に発生するサツマイモウイルス病の発生生態の解明(67)
摘要サツマイモ斑紋モザイクウイルス強毒系統(SPFMV−S)と普通系統(SPFMV−O)は従来の手法によっては容易には判別が困難であったが、SPFMV−Oで吸収したSPFMV−S抗血清を使用した免疫電顕法(SSEM−PAG)によってSPFMV−Sを特異的に検出することが可能になった。また同様にSPFMV−Oの検出も可能となった。イムノブロツテイングによっても検出可能であったが、感度が劣る欠点があった。SPFMV徳島系統(SPFMV−T)はSPFMV−OやSPFMV−Sと類似する性質を示したが、汁液接種においてSPFMV−SやSPFMV−Oが感染しないタバコ、Nicotiana benthamiana、白ゴマ、ツルナにも感染した。SPFMV−TはSPFMV−OやSPFMV−Sとはかなり離れた血清関係が認められた。
研究分担沖縄・作物保護研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036475
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat