熱帯果樹ウイルス性病害の生態解明と制御技術の開発(68)

熱帯果樹ウイルス性病害の生態解明と制御技術の開発(68)

課題番号1993003902
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関タイ農業局;果樹試;併
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における作物保護
中課題熱帯・亜熱帯における病害の生態の解明と防除技術の確立
小課題熱帯果樹ウイルス性病害の生態解明と制御技術の開発(68)
摘要タイにおけるバナナのウイルス病についての調査はほとんどなく、諸外国で重要病害とされているバナナバンチトップ病についてもその発生の報告がない。そこで、タイ中部、東部、南部の12県のバナナ園でウイルス病様症状の発生調査を行ったところ、多くのバナナに葉脈の黄化や緑色状斑、萎縮などのウイルス病様症状が観察された。採集した97株のウイルス病様症状のうち13株から血清学的手法によりバナナバンチトップウイルスが検出され、タイにおける本ウイルスの発生が初めて確認され、その分布も広いことが明らかになった。また、29株のウイルス病様症状のうち9株からbanana infectious chlorosisの病原であるキュウリモザイクウイルスも検出された。
研究分担沖縄・熱帯果樹研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036476
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat