パパイヤ輪紋病ウイルスの系統の比較

パパイヤ輪紋病ウイルスの系統の比較

課題番号1993003906
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における作物保護
中課題熱帯・亜熱帯における病害の生態の解明と防除技術の確立
小課題パパイヤ輪紋病ウイルスの系統の比較
摘要タイ南部のパパイヤ生産地帯において、14圃場558個体のパパイヤにつき、病徴観察によるウイルス病発生状況調査を行った。その結果、パパイヤ輪点ウイルスP系統(PRSV−P)の典型的な病徴である、奇形を伴ったモザイク症状を呈する個体は調査株中にはみられなかった。昨年タイで採取しPRSV−Pと同定された株(No.164)の抗血清と、日本に発生しているパパイヤ奇形葉モザイクウイルス(PLDMV)の抗血清を用い、南部タイおよび中央タイで採取したパパイヤ葉29株について、電顕観察および血清検定(SSEM−PAG法、ELISA法)を行った。その結果、南部タイで採取した試料はいずれも両抗血清に反応せず、ウイルス粒子も検出されなかった。また、中央タイで採取した試料には、PRSV−P抗血清に反応したものはあったが、PLDMV抗血清に反応するものはみられなかった。以上のことからタイ南部にはウイルス病は発生しておらず、タイ中央部ではPRSV−Pは発生しているがPLDMVは発生していないことが明らかになった。
研究分担沖縄・作物保護研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036480
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat