主要害虫の防除技術の開発−捕食寄生性ハエ類による生物的防除に関する研究(82)

主要害虫の防除技術の開発−捕食寄生性ハエ類による生物的防除に関する研究(82)

課題番号1993003916
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関農環研
研究期間延H03〜H07
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における作物保護
中課題熱帯・亜熱帯における有害動物の生態の解明と防除技術の開発
小課題主要害虫の防除技術の開発−捕食寄生性ハエ類による生物的防除に関する研究(82)
摘要捕食寄生性ハエ類であるブランコヤドリバエの天敵としての有用性および生物的防除手段としての有効利用のため生活史パラメーターを調査した。産卵曲線は産卵前期間経過後(羽化後約2日)日当たり産卵数が急激に増加し、羽化後約7日でピークを示した。成虫の生存曲線と産卵曲線から、羽化後2週間までの雌成虫から最も効率的に卵が得られることがわかった。各発育ステージでの発育零点は10℃台であり、発育ステージによる差はみられなかった。有効積算温度は産卵から羽化まで約300日度であり、つくば市近郊では年6世代が生息可能であると示唆された。なお、越冬態および休眠の有無は不明である。
研究分担研一(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036490
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat