フェロモン等の利用による熱帯コナガ捕獲法の検定

フェロモン等の利用による熱帯コナガ捕獲法の検定

課題番号1993003921
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関農環研【白井洋一】
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における作物の生産・利用技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における作物保護
中課題熱帯・亜熱帯における有害動物の生態の解明と防除技術の開発
小課題フェロモン等の利用による熱帯コナガ捕獲法の検定
摘要タイ中央平原のアブラナ科野菜圃場で、1993年2〜3月にフェロモントラップを用いて、マーキング法によってコナガ雄成虫の個体群密度を推定した。同時に黄色粘着トラップを設置し、両トラップによる雄成虫捕獲量の相関性を検討した。マーキングして放遂した700匹の雄成虫のうち57匹が再捕獲され、放遂当日における雄成虫個体群密度は351匹、1日当り生存率は0.493と推定された。フェロモントラップと黄色粘着トラップによる成虫捕獲量の間には有意な相関は認められなかった。黄色トラップの捕獲効率はフェロモントラップより劣っており、変動が大きかったことから、発生量推定手段としての利用は困難であると考えられた。
研究分担研一(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036495
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat