農業副産物等の飼料化技術の開発−熱帯繊維性飼料給与時の栄養素の補給に関する研究

農業副産物等の飼料化技術の開発−熱帯繊維性飼料給与時の栄養素の補給に関する研究

課題番号1993003939
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関マレイシア農業開発研究所
研究期間新H05〜H06
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における畜産技術の開発,改善
大課題熱帯・亜熱帯における家畜の生産性向上
中課題熱帯・亜熱帯における未利用資源の飼料化技術の開発
小課題農業副産物等の飼料化技術の開発−熱帯繊維性飼料給与時の栄養素の補給に関する研究
摘要オイルパームはマレイシアで生産される最も重要な農産物の一つであり、この副産物である茎葉或は老木樹の幹は、簡単な処理を加えることにより、反芻家畜の粗飼料として利用できることが明らかにされている。しかし、これらの副産物のみで反芻家畜を飼育した場合に、エネルギー及び蛋白質等の不足が起こることが示唆されており、これらの栄養素の補給技術の開発が求められている。本課題では尿素糖蜜ブロック( UMB)による栄養素の補給を目指し、先ずUMBの組成と物理性及び嗜好性等の品質の検討を行い、さらに、反芻家畜を用いた飼養試験によりその効果の判定を行う。
研究分担研一(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036513
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat