東南アジアにおける農業技術の定着と農民組織に関する調査研究−マレイシア・ムダ地区における農業生産基盤の変化−(1)

東南アジアにおける農業技術の定着と農民組織に関する調査研究−マレイシア・ムダ地区における農業生産基盤の変化−(1)

課題番号1993003947
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
他機関ムダ農業開発公団
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における農林業生産総合技術の開発、改善
大課題熱帯における水田作総合技術の開発、改善
中課題熱帯モンスーン地帯における水田高度利用技術体系の確立
小課題東南アジアにおける農業技術の定着と農民組織に関する調査研究−マレイシア・ムダ地区における農業生産基盤の変化−(1)
摘要本年度は、昨年度に引続き1973年に行われた調査村6村を対象に農業技術、特に直播栽培の定着に係わる農業構造の変化について全戸悉皆調査を行った。調査は農家331戸、非農家97戸の計428戸であるが、農家数は前回調査時の75%に減少し、逆に非農家数は35戸から97戸に増加していた。これは稲作の機械化が進み、収益性はまだ低いが農業内部での就業機会が減少したこと、ムダ地区の近郊に立地している工場への兼業機会があり、非農業所得が稲作のそれを上回っったことによるためと考えられる。農家1戸当たりの経営耕地面積は約1.8haと変化がなく、経営規模の拡大が土地保有慣行等に規制されていることを教えている。
研究分担研二〔安延久美〕
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036521
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat