中南米原産地下作物の遺伝資源の効率的管理のための遺伝子診断法の確立−Ipomoea属の遺伝変異とその解析−

中南米原産地下作物の遺伝資源の効率的管理のための遺伝子診断法の確立−Ipomoea属の遺伝変異とその解析−

課題番号1993003980
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における生物機能の特性の解明と利用
大課題熱帯・亜熱帯における植物・動物相と作物との相互作用の解明と利用
中課題熱帯・亜熱帯における作物及び近縁種の多様性の解明と利用
小課題中南米原産地下作物の遺伝資源の効率的管理のための遺伝子診断法の確立−Ipomoea属の遺伝変異とその解析−
摘要かんしょ及びその近縁種の遺伝資源管理及び有効利用を効率良く進めるためには、遺伝変異の分布及び系統の相互関係を明かにする必要があり、DNAレベルでの遺伝子診断法の確立が望まれる。そこで、多糖類を多く含むかんしょ生葉からRFLP分析に使用し得るDNAを簡便に単離する手法を確立した。更に、既にクローニングされているかんしょ遺伝子3種類をプローブとしたRFLP分析を行った結果、栽培品種間に十分な多型が検出でき、本法がかんしょ遺伝資源の系統識別及び分類の有力な手段となることを確認した。
研究分担沖縄(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036554
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat