マメ科作物の他感作用の解明と利用

マメ科作物の他感作用の解明と利用

課題番号1993003982
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間新H04〜H07
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における生物機能の特性の解明と利用
大課題熱帯・亜熱帯における植物・動物相と作物との相互作用の解明と利用
中課題熱帯・亜熱帯における作物及び近縁種の多様性の解明と利用
小課題マメ科作物の他感作用の解明と利用
摘要近年、ムクナ・ピジョンピーから他感作用物質が検出されている。ムクナはすでに緑肥として、ブラジル、沖縄で利用されており、両作物の国内、熱帯諸国での雑草制圧が期待される。圃場レベルにおいて、作物の茎葉の光の遮蔽による雑草制圧力と作物の茎葉・根から分泌される他感物質による雑草制圧力とを鑑別し、また、茎葉のすき込み後の雑草制圧力を調査する。ブラジルには数種のムクナ栽培種があり、それら栽培種の比較調査も合わせて行なう。初年度は種子の増殖を目的として、温室用にムクナ(フウキマメ)、ピジョンピー(C−11)を6月に播種した。その結果、収穫期はムクナが1月、ピジョンピーが1〜2月であった。
研究分担基盤技術(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036556
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat