マイコプラズマ様微生物の遺伝情報の解析とその利用

マイコプラズマ様微生物の遺伝情報の解析とその利用

課題番号1993003989
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間新H05〜H08
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯における生物機能の特性の解明と利用
大課題熱帯・亜熱帯における植物・動物相と作物との相互作用の解明と利用
中課題熱帯・亜熱帯における作物と微生物の相互作用の解明とその制御
小課題マイコプラズマ様微生物の遺伝情報の解析とその利用
摘要熱帯において重要な病害であるイネ黄萎病やサトウキビ白葉病の病原体マイコプラズマ様微生物(MLO)の診断・防除技術を確立するため、熱帯及び亜熱帯各地の罹病個体から、MLOの遺伝物質であるDNAを分離・精製し、その塩基配列を解析して、DNAレベルにおけるMLOの変異を明らかにする。
研究分担基盤技術〔中島一雄〕
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036563
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat