熱帯乾燥地における風化反応機構の解明(165)

熱帯乾燥地における風化反応機構の解明(165)

課題番号1993004001
研究機関名熱帯農業研究センター(熱研)
研究期間継H04〜H07
年度1993
研究問題熱帯・亜熱帯の地球環境保全機能の解明と農業限界地等における環境資源の利用技術の開発
大課題乾燥地における環境資源の利用技術の開発
中課題水動態,土壌特性及び気象特性の解明
小課題熱帯乾燥地における風化反応機構の解明(165)
摘要熱帯乾燥地の土壌に存在する各種の鉱物は、農業生産性に対しきわめて重要な役割を示す。そのうち一次鉱物より生成された二次鉱物は、ほとんどが天然水との反応により形成された含水鉱物である。現在、鉱物種・粒径・間隙の異なる数岩型と純水との反応実験を行いつつ、二次鉱物の生成条件(反応速度を含む)を解析中である。
研究分担環境資源(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036575
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat