大和堆におけるプランクトン現存量の季節変動の解明(5)

大和堆におけるプランクトン現存量の季節変動の解明(5)

課題番号1993005390
研究機関名日本海区水産研究所(日水研)
研究期間延S63〜H09
年度1993
研究問題水域における生物生産機構の解明
大課題日本海における低次生物生産構造の解明
中課題日本海におけるプランクトンの生産と環境条件の解明
小課題大和堆におけるプランクトン現存量の季節変動の解明(5)
摘要7月23〜24日にみずほ丸により大和堆周辺水域に9定点を設定して、一般海洋観測と動物プランクトン採集を行った。0.33mm目合のノルパックネットによって得られた沈澱量は0〜150m鉛直曳きの場合0.16〜0.71ml/m3,0〜500m鉛直曳きの場合0.31〜1.60ml/m3であった。また0.10mm目合のノルパックネットによって得られた結果は、それぞれ0.51〜1.88ml/m3、0.90〜4.09ml/m3であった。優占動物群はかいあし類(優占目カラノイダ)、おきあみ類(優占種Euphausia・pacifica)、端脚類(優占種Themisto・japonica)、矢虫類及びつりがねくらげであった。表面水温は20.8〜23.1℃、日本海固有水(水温<1℃)は250〜500mに認められた。元〜4年度の結果から、現存量は5月に多く、10月に少ない傾向を示したが、年1回の調査のため、その季節変動パターンの実態把握には資料不足である。このため研究期間を延長し、年間最大量、最低量が予想される4月、8〜9月の調査を実施する他、主要月における年変化についても検証する。
研究分担海洋環境・生環研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036603
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat