動物プランクトンの群集構造の解明(7)

動物プランクトンの群集構造の解明(7)

課題番号1993005392
研究機関名日本海区水産研究所(日水研)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題水域における生物生産機構の解明
大課題日本海における低次生物生産構造の解明
中課題日本海におけるプランクトンの生産と環境条件の解明
小課題動物プランクトンの群集構造の解明(7)
摘要温帯性浮魚類の餌料生物群集の生態に関する知見を得るため、山口県沖の定点において、4年1月から12月まで、毎月1回ノルパックネット鉛直曳き採集を行い、動物プランクトンの出現量及び群別組成の季節変化を調べた。総個体数及び現存量(湿重量)は共に3月、6月及び11月にピークを示した。主要構成群のうち、かいあし類は3月には個体数で73.8%、湿重量で81.5%を占め、春季餌料生物群として量的に最も重要である。他方、夏・秋季の高現存量は、個体数による構造特性と異なり、かいあし類・枝角類からなる小型甲殻類群集にくらげ類・サルパ類・矢虫類からなる大型動物プランクトン群集の加入により生じている。
研究分担海洋環境・生環研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036605
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat