耳石日周輪解析による異体類の成長過程の解明

耳石日周輪解析による異体類の成長過程の解明

課題番号1993005402
研究機関名日本海区水産研究所(日水研)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題日本海における主要資源生物の生態機構の解明
中課題卵・稚仔期における生態機構の解明
小課題耳石日周輪解析による異体類の成長過程の解明
摘要近年、多くの魚種で耳石輪紋の日周性が確認され、初期生活史解明の重要な手がかりとなっている。異体類でも、ヒラメ、マコガレイ、イシガレイで耳石輪紋の日周性が確認されているが、他の魚種に比べるとその研究は遅れている。本研究は未だ研究されていない魚種について耳石輪紋の日周性を確認するともに、確認された魚種については海域、年級による成長過程の違いを解析し、好適生息条件を明らかにすることを目的とする。5年度は、マガレイの耳石輪紋の日周性について検討を加える。
研究分担資源増殖・魚増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036615
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat