肉用牛経営における資金管理方式の解明(12)

肉用牛経営における資金管理方式の解明(12)

課題番号1993002914
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題九州・沖縄農業の発展方向の解明と農村社会の活力増進方策の確立
大課題高生産性農業経営の発展方式の解明
中課題高生産性農業経営の管理方式の解明
小課題肉用牛経営における資金管理方式の解明(12)
摘要土地利用型の専業的肉用牛経営の形成過程においては、固定財の取得、運転資金の調達や資金繰り等の資金管理が重要であり、その管理方式を整理した。資金導入においては低利制度資金を有効に活用し、畜舎等は古材を利用して建設している。農機具等も高価で利用率の低いものは共同利用などでコスト低下に努めている。肥育経営の負債整理の資金計画をみると、先ず長期低利資金への借り換えを行ったうえ、償還財源は経営からの収益と農外収入及び家計費に求めている。資金管理は経営管理の一部門として、資金繰り表、資金運用計画を作成し実行するのであるが、高品質牛肉生産体系への転換が要請されているなかで、それに対する資金管理問題の検討が残されている。
研究分担農村計画・経営管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036667
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat