雌牛の発育及び発情周期に伴う生殖器の形態変化の自動計測法の開発

雌牛の発育及び発情周期に伴う生殖器の形態変化の自動計測法の開発

課題番号1993003005
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間単H05〜H05
年度1993
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題主要家畜の生産能力向上及び繁殖技術の開発
中課題家畜の繁殖性向上技術の開発
小課題雌牛の発育及び発情周期に伴う生殖器の形態変化の自動計測法の開発
摘要生物形態の情報はほとんどが手計測に頼っており、自動化への発展もほとんど考えられていない。画像解析法は手計測では計測不可能な形態の計測や自動計測への発展も可能な計測方法であり、家畜繁殖の分野においてはこの画像解析法を有効に利用した雌牛の生殖器の形態変化の開発が要望されている。本研究では、繁殖雌牛の合理的な育成方法及び過排卵のための適切なホルモン処理方法を明らかにするため、異なる成長速度(DG0.8kg、0.6kg)で育成した雌牛の生時、性成熟前、性成熟時における子宮腺の組織切片を作成し、それを画像解析法で計測する方法を検討する。また、性腺刺激ホルモンにより過排卵処理した牛の卵胞発育の動態を超音波画像に録画し、それを画像解析法で計測する方法を検討する。
研究分担畜産・育種繁殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036758
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat