反芻動物における繊維成分の消化特性の解明

反芻動物における繊維成分の消化特性の解明

課題番号1993003009
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題暖地における作物・家畜の高品質・安定多収生産技術の確立
大課題畜産物の高品質・高付加価値生産技術の開発
中課題家畜の消化機構及び栄養素要求量の解明
小課題反芻動物における繊維成分の消化特性の解明
摘要反芻動物は繊維成分を栄養素として必要としているが、その要求量は確立されていないといえる。その原因は繊維成分の物理・化学的特性が不明であり、それに対する動物の反芻,咀嚼等の反応特性が科学的に証明されていないことにある。また、現在の繊維成分の分析法では粗繊維,ADF、NDF等として表現されるが、これら成分はセルロース、ヘミセルロース、リグニン等の複合成分と成っていること並びに分析方法的にはNFEとの重複が繊維成分の消化特性の解釈を複雑にしている。そのため、繊維成分をセルロース等の化学的に単独の成分に分割し、各々の物理・化学的特性、消化特性等を解明するとともに、典型的な繊維成分の分析方法の開発、繊維成分の要求量の解明に資する。
研究分担畜産・栄養飼料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036762
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat