深層土壌の資源特性及び環境保全機能の解明

深層土壌の資源特性及び環境保全機能の解明

課題番号1993003030
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題土壌の保全と環境調和型生産力維持向上技術の開発
中課題農耕地土壌の調査・分類及び特性解明
小課題深層土壌の資源特性及び環境保全機能の解明
摘要従来の土壌特性の解明や機能評価は作土を主体としており、特に1mよりも深い部分についての土壌情報は極めて少ない。この深層土壌(通常の1mよりも、さらに下方にある基岩までの非固結層で、5〜10mあるいはそれ以上の深い部分も対象にする)の農業資源特性と環境保全機能の解明は、持続的な土地利用型農業の確立や環境保全上、緊急課題である。近年の大型機械による土地改変では、深層土壌が容易に整備の対象になり、特に中山間地での農業の推進のためには、深層土壌特性の解明が必須である。そのため、深層土壌の調査法の確立、深層土壌のもつ元素賦存・化学・物理・生物・コロイド特性の解明、物質保持能・緩衝能・浄化能などの土壌環境容量の解明に関する調査を行う。
研究分担生産環境・土壌特性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036783
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat