栄養ストレス下における作物の代謝制御と適応戦略機構の解明

栄養ストレス下における作物の代謝制御と適応戦略機構の解明

課題番号1993003035
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H05〜H10
年度1993
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題土壌の保全と環境調和型生産力維持向上技術の開発
中課題土壌における物質循環の制御と土壌保全技術の開発
小課題栄養ストレス下における作物の代謝制御と適応戦略機構の解明
摘要養分の欠乏や過剰によって生じる作物の栄養ストレスを克服するため、従来は資材の多投入などによる土壌改良が行われてきた。しかし、資源や環境問題が重視される今日、資材の投入量を抑え、植物の持つ機能を最大限に活用した技術開発が不可欠となってきた。現在までに、植物の栄養ストレス応答とシグナル伝達を含めた代謝制御機構は、温度や光などの他の環境ストレスの場合に比較してほとんど明らかにされていない。そこで、低栄養耐性作物などの開発育成のために、栄養ストレスが植物に及ぼす生理的反応を明らかにするとともに、栄養環境の変化によって生じる適応戦略機構について分子生物学的手法によって解明する。
研究分担生産環境・土壌保全研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036788
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat