水田強害帰化雑草の生存戦略の解明と制御技術の開発 ショクヨウガヤツリ,ナガボノウルシ,ヒエ類,キンポウゲ属等

水田強害帰化雑草の生存戦略の解明と制御技術の開発 ショクヨウガヤツリ,ナガボノウルシ,ヒエ類,キンポウゲ属等

課題番号1993003056
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H05〜H08
年度1993
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題雑草の生理・生態の解明と制御技術の確立
中課題水田作雑草の生理・生態の解明と制御技術の確立
小課題水田強害帰化雑草の生存戦略の解明と制御技術の開発 ショクヨウガヤツリ,ナガボノウルシ,ヒエ類,キンポウゲ属等
摘要近年九州地域の水田に侵入した新帰化雑草の、地域水田条件下での生理・生態的特性については、ショクヨウガヤツリ、アメリカミソハギ、イボミキンポウゲ、トゲミノキツネノボタン等で検討されてきた。しかしこれら新帰化雑草の発生拡大の防止と効果的制御法の確立のための知見はきわめて不十分である。このため、侵入の初期段階にある数種の暖地水田の強害帰化雑草について生育特性と作物への雑草害の機構、近縁在来種との生理・生態特性の差異、原産地と異なる暖地水田条件下での繁殖体の生存状態等を明らかにする。更に、有効除草剤による化学的防除に水管理、中耕、作付様式等の耕種的手法を組み合わせた省力的制御体系を確立する。
研究分担水田利用・雑草制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036809
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat