飼料特性に基づく泌乳牛の暑熱対策技術の検討(166)

飼料特性に基づく泌乳牛の暑熱対策技術の検討(166)

課題番号1993003061
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題主要家畜の暑熱対策技術の開発
中課題給与飼料の改善による家畜の暑熱対策技術の開発
小課題飼料特性に基づく泌乳牛の暑熱対策技術の検討(166)
摘要第一胃内消化速度の著しく異なる大麦とトウモロコシを用いて、そのエネルギー代謝に及ぼす影響を、環境温度18度及び28度の条件下で、泌乳牛により検討した。その結果、大麦給与時に比べて、トウモロコシ給与時には泌乳牛の熱発生量が少ない傾向にあったが、乳量及び乳質(乳脂率、無脂固形分率)に及ぼす影響は明かではなかった。また、呼吸数及び体温に対する給与飼料の影響も認められなかった。
研究分担畜産・環境生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036814
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat