牛乳の放射性核種(168)

牛乳の放射性核種(168)

課題番号1993003063
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継S44〜H99
年度1993
研究問題暖地における作物、家畜の生産環境の改善技術の確立
大課題農耕地生態系における環境保全技術の開発
中課題物質負荷原因の調査・解明と環境保全技術の開発
小課題牛乳の放射性核種(168)
摘要熊本及び沖縄における土壌、牧草及び牛乳中のCs−137の濃度について調査した。熊本の土壌のCs−137の平均放射能は4.63Bq/kgであり、沖縄の0.78Bq/kgに比べて高い値を示したものの、前年度に比較すると両県ともに低下する傾向にあった。牧草及び牛乳中のCs−137は熊本が0.70及び0.047Bq/kgであり、沖縄が0.25及び0.055Bq/kgであり、違いは認められなかった。
研究分担畜産・環境生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036816
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat