甘しょの高品質・低コスト機械化栽培・調製作業技術の開発

甘しょの高品質・低コスト機械化栽培・調製作業技術の開発

課題番号1993003077
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間新H04〜H06
年度1993
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題作物、家畜の低コスト生産管理技術の開発
中課題水田・畑における省力・低コスト機械化作業技術の開発
小課題甘しょの高品質・低コスト機械化栽培・調製作業技術の開発
摘要甘しょについて、省力・低コスト化を図るために、苗供給方式の作出による植付け作業技術の開発を行う。また高品質化を図るため、収穫・ハンドリング時の傷の発生要因の解明と損傷が貯蔵性に及ぼす影響を明かにする。4年度は、筒入苗、茎固定苗、吊下苗による苗供給方式を検討した結果、収量や機能面から吊下苗が最適と判断された。一方剥皮損傷が発生する圧縮圧力は、品種別では、コガネセンガン>高系14号>ベニオトメの順に小さくなり、収穫直後より貯蔵した方が大きくなった。5〜6年度では、苗供給装置の試作と、実作業時の損傷発生要因の解明を行う。
研究分担畑地利用・作業シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036830
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat