かんしょ繊維質利用のための特性評価(195)

かんしょ繊維質利用のための特性評価(195)

課題番号1993003087
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関食総研
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題農産物の品質保持と合理的流通・利用技術体系の開発
中課題農産物の品質保持技術の開発
小課題かんしょ繊維質利用のための特性評価(195)
摘要かんしょ繊維を含む澱粉粕、焼酎粕の有効利用を図るため、細胞壁画分のペクチン、ヘミセルロース、セルロースの各画分とさらに分画を進めた画分の中性糖、酸性糖の組成比とその特性を調査した。ペクチンは約半分が酸性糖であり、中性糖はガラクトースが最も多かった。ヘミセルロースは酸性糖が約7%であり、中性糖ではグルコースが最も高かった。また塩化カルシウム存在下でヨード複合体を形成するアラビノキシランを主とする画分と、キシログルカンを主とする画分に分けられた。セルロース画分はほぼグルコースのみである。したがって、カンショは容易に純度の高いセルロースを得る材料として利用できることが示唆された。
研究分担作物開発・品質評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036840
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat