農産物の活性酸素生成能評価手法の開発(198)

農産物の活性酸素生成能評価手法の開発(198)

課題番号1993003091
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題農産物の品質保持と合理的流通・利用技術体系の開発
中課題農産物の流通加工技術の開発
小課題農産物の活性酸素生成能評価手法の開発(198)
摘要活性酸素の作用により生じる過酸化脂質の量を高感度、選択的、簡易に測定できる分析法を開発した。本法は過酸化脂質と反応したジエチルチオバルビツール酸反応物質を蛍光法で測定するものであり、反応液中に100−2000pmolの過酸化脂質を含む場合には蛍光光度計で、100pmol以下の場合には蛍光検出−高速液体クロマトグラフ法で測定する。農産物中の過酸化脂質含量は蛍光光度計法と蛍光検出−高速液体クロマトグラフ法でほぼ一致した値が得られた。本測定法により、従来測定できなかった野菜類(ほうれん草・ピーマン・にんじん・とまと・たまねぎ)、果実類(いちご・レモン・バナナ・りんご)、いも類(じゃがいも・甘しょ・さといも)の過酸化脂質含量を求めることができた。
研究分担作物開発・流通利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036844
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat