暖地集約型水田営農における輪作技術体系の確立(207)

暖地集約型水田営農における輪作技術体系の確立(207)

課題番号1993003099
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間継H03〜H08
年度1993
研究問題暖地における高位生産技術と合理的流通・利用技術体系の確立
大課題地域農業における高生産性技術体系の確立
中課題暖地汎用水田の総合生産力向上技術体系の確立
小課題暖地集約型水田営農における輪作技術体系の確立(207)
摘要小麦枯れ熟れ様障害に関する個別の三試験における共通の品種水準ニシカゼコムギと西海168号を基準にすると(両者の質的説明変数の格差は3.000)、高品質の西海168号は極弱の抵抗性、当地域における主要品種の農林61号は中庸の抵抗性を示した。肥培管理要因では、播種様式の差は0.63、施肥法の差は0.53、播種時期の差は0.50程度であった。これらの影響度は品種間差の1/6程度であった。一方、佐賀平坦水田地帯における中核農家において、今後の拡大作物および稲作費用低減の方向等について、大規模稲麦作と稲麦プラス野菜・花き作との経営類型ごとに、その営農意識の特徴を明らかにした。
研究分担企連・総研1
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036852
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat