ネコブセンチュウの分類・同定法の高度化(220)

ネコブセンチュウの分類・同定法の高度化(220)

課題番号1993003110
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関技会事務局;熱研
研究期間継H04〜H08
年度1993
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の特性解明
中課題病害虫の生物学的特性の解明及び診断、同定技術の開発
小課題ネコブセンチュウの分類・同定法の高度化(220)
摘要本研究では、数値分類、画像解析等の手法の利用による簡便・正確なネコブセンチュウの同定法確立を目指す。本年度は、雌成虫と第2期幼虫の12の形態計測値を用いて、九州地域産のネコブセンチュウ10種類、51個体群のクラスター分析を行った。その結果多くの種が他と非類似度の高い群を形成したので、数値分類、同定の機械化は可能と判断される。ただし、サツマイモネコブセンチュウの1個体群がジャワネコブセンチュウ個体群に、ジャワネコブセンチュウ1個体群がキタネコブセンチュウ個体群に混入していた。次年度は画像解析法による質的形質の数量化を行い、同定法への適用を試みる。
研究分担地域基盤・線虫制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036863
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat