害虫のバイオタイプ出現機構の解明(234)

害虫のバイオタイプ出現機構の解明(234)

課題番号1993003129
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関農環研
研究期間継H02〜H08
年度1993
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の制御基幹技術の開発
中課題生物的制御技術の確立
小課題害虫のバイオタイプ出現機構の解明(234)
摘要トビイロウンカのバイオタイプ出現を予測するため、ウンカの甘露排出量を指標として、兄弟分析により稲品種加害性の遺伝率を推定した。西海190号(トビイロウンカ抵抗性遺伝子Bph1保有)およびレイホウ(感受性品種)に対する甘露排出量の遺伝率は、それぞれ0.27および0.42となり、品種加害性が高い遺伝変異を保有していることが示された。また、体サイズ(頭幅)の遺伝率は0.24〜0.56であった。甘露排出量と頭幅の遺伝相関は、西海190号に対しては0.41、レイホウに対しては0.62となり、両形質は遺伝的に相関していることが示された。
研究分担地域基盤・害虫制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036882
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat