出芽細菌の生理生態的特性と効果的線虫密度抑制条件の解明(240)

出芽細菌の生理生態的特性と効果的線虫密度抑制条件の解明(240)

課題番号1993003132
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関技会事務局;熱研
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の制御基幹技術の開発
中課題生物的制御技術の確立
小課題出芽細菌の生理生態的特性と効果的線虫密度抑制条件の解明(240)
摘要本研究では、出芽細菌の効果的な利用条件の解明を目指し、前年度はビニールハウスにおいて温度の増殖に及ぼす影響を検討した。本年度はポット試験により、出芽細菌単独または、卵寄生菌(Verticilliumchlamydosporium)、捕食菌(Hirsutella sp. Dactylella haptotyla)との併用処理を行い、サツマイモネコブセンチュウ密度抑制効果が併用処理によって高まることを明らかにした。また、供試したトマトの根こぶ指数には処理間で有意差がなかったものの、併用処理では細根量が多く、果実収量も増加した。次年度は出芽細菌の寄生による線虫の発育速度の変化と温度の影響を検討し、好適増殖条件を解明する。
研究分担地域基盤・線虫制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036885
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat