稲作害虫に対する新規殺虫剤の作用特性に関する研究

稲作害虫に対する新規殺虫剤の作用特性に関する研究

課題番号1993003135
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関農環研
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の制御基幹技術の開発
中課題物理的及び化学的制御技術の確立
小課題稲作害虫に対する新規殺虫剤の作用特性に関する研究
摘要ウンカ・ヨコバイ類に対する長期効力持続型の新規殺虫剤について、天敵類に対する作用性を検討した。アドマイヤー箱粒剤(イミダクロプリド2.0%)を50g/育苗箱の量で施用し稚苗機械移植した水稲圃場でウンカ類、クモ類、およびカタグロミドリメクラカメムシの数を見取り法で調べた。カタグロミドリメクラカメムシの生息数はアドマイヤー箱粒剤区で全期間にわたって少なかった。これは、天敵に対する直接の殺虫作用の他にセジロウンカの生息をほぼ完全に抑制し天敵の餌の絶対的不足を生じたためと思われる。カタグロミドリメクラカメムシに対する殺虫性の土中施用による回避効果は小さかった。クモ類に対する試験薬剤の影響は小さかった。
研究分担地域基盤・害虫制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036888
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat