サツマイモ立枯病抵抗性品種の簡易検定法

サツマイモ立枯病抵抗性品種の簡易検定法

課題番号1993003138
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関農研センタ
研究期間新H04〜H06
年度1993
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の制御基幹技術の開発
中課題耐病虫性遺伝子と耐病虫性機作の解明
小課題サツマイモ立枯病抵抗性品種の簡易検定法
摘要本研究ではサツマイモ立枯病に対する品種抵抗性の簡易検定法を確立し、それを用いて品種抵抗性の評価を行う。まず効率的な接種法、接種条件の検討を行い、最終年次に品種抵抗性の評価を実施する。これによりサツマイモ各品種の抵抗性程度が明らかにされ、防除に利用できるようになる。平成4年度は病原菌懸濁液にサツマイモ苗の切り口部を浸漬する浸漬接種法と、病原菌懸濁液を殺菌土壌に添加して作成した汚染土壌に挿苗する方法について検討した。両者とも35℃以上の土壌温度での検定が有効であった。接種後の保護温度や接種法が異なっても、供試13品種・系統間の抵抗性程度は同一傾向を示した。
研究分担地域基盤・微制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036891
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat