CMV−RNA遺伝子及びWMV−RNA遺伝子のウリ科作物への導入

CMV−RNA遺伝子及びWMV−RNA遺伝子のウリ科作物への導入

課題番号1993003139
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関生物研【西村繁夫】
研究期間新H04〜H05
年度1993
研究問題難防除病害虫の総合的制御技術の確立[地域基盤研究]
大課題難防除病害虫の制御基幹技術の開発
中課題耐病虫性遺伝子と耐病虫性機作の解明
小課題CMV−RNA遺伝子及びWMV−RNA遺伝子のウリ科作物への導入
摘要カボチャモザイクウイルス(WMV−2、8O株)の外被蛋白質遺伝子(CP)のcDNAクローンの塩基配列を、ダイデオキシ法により決定した。80株のCPは、283個のアミノ酸からなっており、既報の他のWMV−2株の配列と94%のホモロジーが認められた。クローニングしたCPを用いて、その3′末端にBamHI部位および5′末端に開始コドンとSacI部位を付加したものをPCRによって増幅したのち、バイナリーベクターpBI121のGUS遺伝子部分に組み込み、triparental mating法によってアグロバクテリウムLBA4404に導入した。CPのcDNAがLBA4404に導入されたことは、LBA4404から抽出したプラスミドのサザン解析により確認した。
研究分担地域基盤・ウイ病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036892
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat