水稲遺伝資源の特性評価(247)

水稲遺伝資源の特性評価(247)

課題番号1993003142
研究機関名九州農業試験場(九農試)
研究期間延S58〜H12
年度1993
研究問題暖地農業研究の展開を支える基盤的技術の開発
大課題遺伝資源の評価と利用による生物機能の開発
中課題有用遺伝資源の収集・保存・評価
小課題水稲遺伝資源の特性評価(247)
摘要水稲の導入遺伝資源のトビイロウンカ抵抗性の検定では、4年度はマレーシア、タイ、ネパールの200品種の中から、R;5、MR;8、M;15品種を見いだした(稲育種研)。また中国、タイ、マレーシア、ネパールから導入された200品種について白葉枯病抵抗性を検定した。その結果、レース■〜■に何等かの抵抗性がみられた品種の割合は中国が8.7%、タイ18.2%、マレーシア36.0%、ネパール46.5%であった。また4レース全てに高度の抵抗性を示した品種がネパールから4品種、マレーシアから1品種に認められた(耐性育法研)。
研究分担水田利用・稲育種研耐性育法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036895
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat