エレクトロポレーションにより導入した遺伝子の組込み部位の解析(260)

エレクトロポレーションにより導入した遺伝子の組込み部位の解析(260)

課題番号1993003156
研究機関名九州農業試験場(九農試)
他機関生物研
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題暖地農業研究の展開を支える基盤的技術の開発
大課題遺伝資源の評価と利用による生物機能の開発
中課題遺伝子工学、細胞工学等による生物機能の開発
小課題エレクトロポレーションにより導入した遺伝子の組込み部位の解析(260)
摘要エレクトロポレーションによりハイグロマイシン耐性遺伝子(HPT)を導入し、HPTの導入が確認されたカルスよりDNAを抽出後、ゲノミックライブラリーを作成した。さらにHPT遺伝子をプローブとしてスクリーニングを行い、陽性クローンを得た。本クローンの挿入DNAをプローブにして対照カルスDNAのサザンハイブリダイゼーションを行った結果、バンドが確認された。本クローンの塩基配列を解析したところ、HPT自身の配列は含まず、HPTと相同性のある配列をもつゲノムDNAであることが判明した。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036909
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat