動物プランクトンの分布、生態及び量的変動の解明(3)

動物プランクトンの分布、生態及び量的変動の解明(3)

課題番号1993005002
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間完S63〜H04
年度1993
研究問題水域における生物生産機構の解明
大課題東北海域における生物生産機構の解明
中課題東北海域における低次生物生産機構の解明
小課題動物プランクトンの分布、生態及び量的変動の解明(3)
摘要冷水性かいあし類は、その脂質組成によって、ワックスエステル含量が多いグループとトリグリセライドの含量が多いグループに大別できることを明らかにした。また、Neocalanus plumchrusにおいて、雌の脂質蓄積量が産卵に大きな影響を与えること及び卵形成にトリグリセライドが関与することを示唆した。さらに、本種の第■期幼生の脂質消費量は、水温10℃で1.2〜1.7μg/day/indi.であることを明らかにした。また、61〜3年において丸特ネットの150mからの鉛直採集によって得られた動物プランクトンの生物量を測定して、その結果をデータベース化するとともに、26〜63年の北西太平洋における動物プランクトン生物量の緯・経度1度桝目、年別、月別の分布を資料集に取りまとめた。
研究分担資源管理・漁生産研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036917
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat