飼育実験によるサンマ発生初期の生物特性の解明(17)

飼育実験によるサンマ発生初期の生物特性の解明(17)

課題番号1993005015
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継S63〜H05
年度1993
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の生物特性の解明
中課題重要魚類の生理・生態の解明
小課題飼育実験によるサンマ発生初期の生物特性の解明(17)
摘要6月に金華山沖で採集されたサンマ天然受精卵を東北水研にて飼育して、仔稚魚期の体長・湿重量・乾重量、酸素消費量を測定した。また、アルシャンブルーでラベルしたアルテミアノープリウスを用いて消化管内通過速度と消化速度を測定するとともに、安定同位体を用いて消化吸収率の測定を行った。4年度は、主に3年度の飼育実験において資料が不十分であった部分を中心に実験を行った。結果については現在解析中である。
研究分担資源管理・浮魚資1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036930
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat