耳石日輪解析による仔魚の成長過程の実証的解明(18)

耳石日輪解析による仔魚の成長過程の実証的解明(18)

課題番号1993005016
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間延H01〜H07
年度1993
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の生物特性の解明
中課題重要魚類の生理・生態の解明
小課題耳石日輪解析による仔魚の成長過程の実証的解明(18)
摘要これまでの研究から、マイワシ仔魚は海域によって成長様式に差異が認められたが、調査時に観測された水温・塩分・栄養塩濃度・クロロフィル量・動物プランクトン量等の物理・化学・生物学的な環境要因とは明瞭な対応関係は認められなかった。平成4年度は、高知大学において飼育された43日齢までの仔魚について日齢解析を行い、フィールドで得られた仔魚と比較検討した。その結果、発育初期の体長の差異を摂餌開始期の違いによって説明できる可能性が示唆され、成長の違いをもたらす要因を検証するためには飼育実験が有効であることが認識された。また、本研究課題の目的の1つである耳石日輪計測システムについてはバージョンアップを行い、システムとしてほぼ完成された。5年度からのバイオコスモスの第2期では、このシステムを用いて異なる海域において環境データと仔魚の成長様式を調べ、成長を規定する要因について検討する。
研究分担資源管理・浮魚資1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036931
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat