カレイ類・タラ類の年齢と成長(23)

カレイ類・タラ類の年齢と成長(23)

課題番号1993005020
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継S60〜H06
年度1993
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の生物特性の解明
中課題重要魚類の生理・生態の解明
小課題カレイ類・タラ類の年齢と成長(23)
摘要東北海区のカレイ類の漁獲量は経年的に減少しており、八戸港に陸揚げされるババガレイも急激に減少している。このため年齢査定用の資料魚入手はむずかしく、3年には資料魚の採集ができなかった。スケトウダラについては鱗を用いて年齢査定を行い、銘柄別体長組成から年齢組成を求めた。元年の年齢組成は1才魚(63年級)が全体の50%を占めて最も多く、次いで0才と2才魚の順であった。2年にも1才魚が51%、0才魚が38%で2才魚以上の比率が減少していた。また、スケトウダラの高齢魚の年齢査定法を確立するためEPMA法により耳石断面の元素分布を調べた結果、SrとPの分布から縁辺部の年齢を決定できることがわかった。さらに、Caの沈着濃度分布から偽年輪の存在が示唆された。
研究分担八戸・底魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036935
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat