南下期サンマ魚群の分布と生物特性の解明(34)

南下期サンマ魚群の分布と生物特性の解明(34)

課題番号1993005030
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間止H04〜H04
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の変動機構の解明
中課題資源量推定方法の選択・改善・開発と資源量の把握
小課題南下期サンマ魚群の分布と生物特性の解明(34)
摘要4年11月に行った南下期調査では、■南下期のサンマは漁場外にも広く分布していた。■流し刺網で採集されたサンマの体長組成は、水域によって異なっていた。■当業船漁獲物と流し刺網採集物は、GSI等の点で生物特性が異なっていた。という結果が出た。これは3年の調査結果と同じであった。このことから、漁業データのみで行っていたこれまでのサンマの資源評価法は検討の必要性があることが明らかになった。本テーマは平成5年新規課題””サンマ魚群の分布と生物特性””においてその内容を継承するので、課題としては中止する。
研究分担資源管理・浮魚資1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036945
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat