ヒラメの資源変動様式の解明(36)

ヒラメの資源変動様式の解明(36)

課題番号1993005033
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の変動機構の解明
中課題資源量変動要因の解明と変動の予測
小課題ヒラメの資源変動様式の解明(36)
摘要八戸港におけるヒラメの銘柄別の体長組成から漁獲物全体の体長組成を推定した。主群は体長20〜30cmの若齢魚であるが、3〜6月になると、40cm以上の成魚の比率が高くなる。一方、銘柄別体長組成が年齢と対応していることから、少なくとも漁獲物の主群である0〜2年魚については年齢別陸揚尾数の推定が可能である。61年から4年について年齢組成を求めると、1才魚が60〜90%を占め、次いで0才か2才であり、62年までは0才魚が7〜20%、63・元年には2才魚が4〜13%であった。重量組成も1才魚が最も多く、次いで3才魚以上となっていたが61年には2才魚が多かった。ヒラメの漁獲物は全体として1・2才魚を主体とした未成魚で占められている。
研究分担八戸・底魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036948
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat