西部太平洋におけるカツオの漁獲と資源変動に関する研究(45)

西部太平洋におけるカツオの漁獲と資源変動に関する研究(45)

課題番号1993005042
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継H04〜H08
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題東北海区及び関連水域の水産資源の変動機構の解明
中課題資源量変動要因の解明と変動の予測
小課題西部太平洋におけるカツオの漁獲と資源変動に関する研究(45)
摘要近年の熱帯水域における竿釣およびまき網漁業の漁獲状況より、各々の漁業が持っている特徴を把握した。すなわち、両漁業種が水域的に離れており、それゆえに漁場が独立した存在になっていることが明らかとなった。両漁業種が同じ漁場を形成しないことは、カツオの持つ生態的な面からなのか、あるいは単純に漁業種の持つ区分けなのか判然としない。また、この違いは資源構造とも関係があるかのようであり、今後の解析が重要である。
研究分担資源管理・浮魚資2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036957
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat