アワビの初期餌料の探索と大量培養法の開発(57)

アワビの初期餌料の探索と大量培養法の開発(57)

課題番号1993005050
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継S63〜H05
年度1993
研究問題種苗生産及び養殖技術の高度化
大課題東北海域における種苗生産技術の高度化
中課題種苗生産システムの開発
小課題アワビの初期餌料の探索と大量培養法の開発(57)
摘要殻長1mm程度から呼水孔形成前までのエゾアワビ稚貝の成長に及ぼす餌料の影響を検討するため、12種の付着微細藻を餌料として与えた稚貝の摂餌行動と成長を観察した。12種のうち4種の珪藻を与えた場合に日間成長速度が50μm/dayを上回り、他の8種を与えた場合に比べ明らかに速く成長した。稚貝の排泄物を観察したところ、成長の遅い稚貝の排泄物中には上記4種の珪藻を与えた場合に比べて著しく多くの生きた藻類細胞が見られた。これは稚貝の摂餌方法と藻類の付着形態及び細胞殻の強度の違いによって生じた現象であり、このため成長速度に差が生じたものと考えられる。最適餌料は稚貝の成長によって変化するものの、着底から呼水孔形成前までの好適餌料はこれでほぼ明らかになった。
研究分担資源増殖・魚介増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036965
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat