異体類の着底場選択における行動様式の解明(64)

異体類の着底場選択における行動様式の解明(64)

課題番号1993005056
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題東北海域における有用生物の環境収容力の解明
中課題魚介類の個体群動態の解明
小課題異体類の着底場選択における行動様式の解明(64)
摘要12月から1月に水深30−50m域で産卵されたイシガレイは浮遊期を通して沿岸に近づき、2月下旬には水深20m以浅に出現した。3月上・中旬には選択的潮汐輸送によりさらに浅い水域へ移動し、3月下旬から4月にかけて、ラグンーンや河口では水深数m以浅、外海では10m前後において着底が完了した。飼育実験により着底稚魚の成長速度と水温、RNA:DNA比の関係を調べ、フィールドで採集した稚魚のRNA:DNA比と水温から天然稚魚の成長速度を推定した。3月には水温が低いためと考えられるが、ほとんど成長していない個体も多くみられた。4月には仙台湾内の調査点ごとの成長速度に大きな差が認められ、成長速度が早い地点ほど分布密度が高い傾向がみられた。
研究分担資源増殖・魚介増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036971
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat