異体類の着底場選択における行動様式の制御

異体類の着底場選択における行動様式の制御

課題番号1993005058
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題東北海域における有用生物の環境収容力の解明
中課題魚介類の個体群動態の解明
小課題異体類の着底場選択における行動様式の制御
摘要イシガレイ・マコガレイは2・3月に仙台湾内の水深10m以浅のごく沿岸域に着底する。この時期には、仔稚魚の重要な捕食者と考えられるエビジャコが着底場周辺に大量に分布しており、着底期仔稚魚が相当量捕食されていることが示唆される。5年度は、まず飼育実験によりエビジャコによるイシガレイ仔稚魚の捕食に関する諸特性を把握する。次に、野外採集したエビジャコの胃内容物を分析し、特にイシガレイ着底期仔稚魚の被捕食量の時空間的変化と、エビジャコ個体群及び着底期イシガレイ個体群の動態との関係を整理することにより、着底・成育場における捕食者に対する着底仔稚魚の行動様式を明らかにする。
研究分担資源増殖・魚介増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036973
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat