東北海域における貝類毒化プランクトンの出現状況の把握(68)

東北海域における貝類毒化プランクトンの出現状況の把握(68)

課題番号1993005062
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題増養殖場の管理技術の確立
大課題東北海域における増養殖場管理システムの確立
中課題リアス式海岸内湾域における管理技術の開発
小課題東北海域における貝類毒化プランクトンの出現状況の把握(68)
摘要岩手県以南の東北海域における本年の毒化プランクトンの発生状況は、以下のようであった。下痢性貝毒の原因プランクトンであるDinophysis属のものは、例年どおりD.fortiiの発生が主体で、5月から10月にかけてその出現が見られたが、最高値で10(福島)〜150(茨城)cells/lとその出現数は少なかった。宮城県北部では8月から10月にかけてD.acuminataが見られ、9月には12,800cells/lのピークを記録した。麻痺性貝毒の原因プランクトンであるAlexandrium属のものは、岩手県と福島県以南の海域で見られ、3月から9月にかけて岩手県海域の800cells/lが最高で、これも例年より少なかった。
研究分担資源増殖・増殖漁研(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036977
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat