貝毒原因物質の挙動特性

貝毒原因物質の挙動特性

課題番号1993005064
研究機関名東北区水産研究所(東北水研)
研究期間新H05〜H08
年度1993
研究問題増養殖場の管理技術の確立
大課題東北海域における増養殖場管理システムの確立
中課題リアス式海岸内湾域における管理技術の開発
小課題貝毒原因物質の挙動特性
摘要近年、我が国各地で二枚貝が頻繁に毒化し、生産者や流通業者に大きなダメージを与えている。貝類の毒化予知は、貝類を毒化させる餌プランクトンの発生状況の把握とマウスを用いたバイオアッセイ法による貝の毒量の定期調査による対応が中心となっているが、プランクトンに由来しない毒化現象も見られ、また、バイオアッセイ法では迅速な対応が困難で予知が後手に回ることが少なくない。そこで、最近開発された機器分析法を用いて、海水や底泥などの環境中やプランクトンおよび二枚貝の体内における毒成分そのものの挙動を把握して、予知精度を高めたり、無毒化や解毒の手法を開発するための基礎的知見とする。
研究分担資源増殖・増殖漁研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030036979
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat