イネへの巨大DNA導入技術の開発(32)

イネへの巨大DNA導入技術の開発(32)

課題番号1993000026
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関生物研【廣近洋彦;杉本和彦】
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物遺伝資源の利用と新育種法の開発
中課題作物の新育種法の開発と育種素材化
小課題イネへの巨大DNA導入技術の開発(32)
摘要イネ・プロトプラストにおけるトランジェントアッセイ系を利用して、高濃度DNA接種の影響を調べた。プロトプラストと混合するプラスミド濃度度が10μg/ml程度までは、導入遺伝子(GUS遺伝子)の発現の上昇が認められたが、それ以上の濃度に上げても、導入量の増加は期待できなかった。導入に用いるDNAが、PEG法で精製された場合は高濃度DNA接種の場合に塩化セシウム法による精製DNAに比べて導入効率が明らかに低下した。またトランスジェニック植物作出実験でもDNAの精製方法によってコロニー形成率が異なることが認められた。遺伝子導入に用いるプラスミドの精製時に、PEG法を用いるのは問題があると考えられる。
研究分担作物開発・育種工学研(育種工学班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037008
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat