小麦でんぷんブランチングエンザイムの特性解明と高品質化育種法の開発

小麦でんぷんブランチングエンザイムの特性解明と高品質化育種法の開発

課題番号1993000030
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H04〜H06
年度1993
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物遺伝資源の利用と新育種法の開発
中課題作物の新育種法の開発と育種素材化
小課題小麦でんぷんブランチングエンザイムの特性解明と高品質化育種法の開発
摘要国産小麦の製麺性はASWなど外国産小麦にくらべ劣るといわれており、その改良が強く望まれている。製麺性を改良する方策の一つとしてでんぷん成分の改良が考えられるが、そのためにはでんぷん合成に関与する酵素群の作用機作を明らかにする必要がある。なかでも「でんぷんブランチングエンザイム」は麺の粘弾性を向上させると考えられるアミロペクチンの合成に直接関与し、でんぷん品質改良のためには重要な酵素である。そこで本課題においてはでんぷんブランチングエンザイムの作用機作とその発現機構を解明し、小麦でんぷん成分の高品質化に有効なアイソザイムの種類を明らかにするとともにそれらを組み合わせる育種法の確立を図る。
研究分担作物開発・麦育種法研(麦育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037012
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat